ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーション
ここから本文

ホーム横浜生活あんしんセンタートップお知らせ

お知らせ

タウンニュースへの市民後見人記事の掲載について(1/18)

タウンニュース中区・西区版、2018年1月18日(木)号に、市民後見人シンポジウムと市民後見人養成課程説明会の実施案内とともに、横浜生活あんしんセンター所長の延命政之と、市民後見人の花立氏との対談記事が掲載されました。

【タウンニュースのHPはコチラ】

(市民後見シンポジウム・市民後見人養成課程説明会)対談記事

【PDFファイルはコチラ】

タウンニュース中区・西区版(2018年1月18日(木)号).pdf

第4期横浜市市民後見人養成課程・説明会について

横浜市では、認知症や知的障害、精神障害などにより、判断能力の不十分な方を支援する地域の身近な存在として、市民が後見活動を担う「市民後見人」を養成しています。このたび、第4期横浜市市民後見人養成課程開講にあたり、説明会を開催します。

日時や会場、受講要件等の詳細については、チラシをご覧ください。

なお、第4期横浜市市民後見人養成課程の受講を希望される方は、本説明会への参加が必須要件となっていますので、必ずご参加ください。

チラシ(表面).pdf チラシ(裏面).pdf

「市民後見シンポジウム ひとに寄り添う実践~時代が求める市民後見人~」のお知らせ

平成26年度に横浜市第1号の市民後見人が誕生してから今日まで、関係者との連携のもと、多くの市民後見人が地域に根差したきめ細かな活動を進めています。その取り組みをさらに広げ、地域における権利擁護を進めていくことを目指し、シンポジウムを開催します。

【日時】

平成30年2月14日(水)13時30分~15時40分 (受付は12時45分~)

【会場】

横浜市健康福祉総合センター 4階ホール

【内容】
  • 基調報告
  • パネルディスカッション

~成年後見制度がもっと身近なものに~ パンフレット「障害のある方のご家族、支援者向け ご存じですか 成年後見制度」

平成26年度~平成27年度に家族団体や障害者施設等多くのご協力を得て実施した「成年後見制度の利用」に関するアンケート調査の結果、成年後見制度の利用について、将来的な必要性は感じているものの、成年後見制度を利用するには「手続きが煩雑、費用が高い、金銭管理が中心で、本人に寄り添った支援をしてもらえないのではないか」等多くの意見をいただき、制度を利用するきっかけや促進に繋がればという願いをこめてパンフレットを作成しました。ご自由にダウンロードしてご活用ください。

ページの先頭へ

ここからフッターメニュー