ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーション
ここから本文

ホーム福祉よこはまトップページ172号福祉の仕事

シリーズ21福祉仕事地域包括支援センターで働く主任ケアマネジャー


横浜市並木地域ケアプラザ・地域包括支援センター(金沢区)で働く主任ケアマネジャー 左雨 みや子さんに聞きました
左雨 みや子さん写真

人と会うたび
自分の引き出しが
豊かになって、
支援者として、
ひとりの人間として
成長していけると思います


キャリアは長いのですか
矢印 短大在学時にボランティアをしていたこともあって福祉の世界に興味を持ち、地域ケアプラザのデイサービススタッフとして採用されました。その後、ケアマネジャーの資格を取り、昨年からセンターの主任ケアマネジャーになりました。
「いろいろな人と会う仕事」という印象です
矢印 ご家族の病気や介護の相談にみえる人、地域で見守る人、行政や福祉保健サービスを提供する人などさまざまな人と会い、刺激を受け勉強になっています。地域の歴史、どんな人たちが暮らしているかという知識もこの仕事に欠かせないので、なるべく多くの人と接するようにしています。
心がけていること、手ごたえを感じる時とは
矢印 相談にみえる人が、安心して不安や悩みなどの話ができるよう心がけています。相談の内容を整理して一人ひとりにあった制度・サービスを紹介し、必要に応じてケアマネジャーにつなぎます。
支援者としての活動を通じて引き出しに蓄積された経験が、さまざまな場面で生きているなと手ごたえを感じる一方で、仕事を「決めてかからない」ように気を付けています。
主任ケアマネジャー
ケアマネジャー実務を5年以上経験し、所定の専門研修課程を修了することなどが条件。介護保険、保健・医療サービス事業者との連絡調整、ネットワークづくり、ケアマネジャーに対する助言・指導などを行う。平成18(2006)年度に新設された。
地域包括支援センター(以下センター)
保健師(看護師)・社会福祉士・主任ケアマネジャーなどが、高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、介護保険やその他のサービスを上手に利用するための各種相談、支援を行う。横浜市では地域ケアプラザなどに設置されている。

仕事中の左雨 みや子さん写真
相談内容を整理したり、報告書などの
書類を作るために机に向かう時間もあります
左雨 みや子さん、遠藤 静さん、関野 雅徳さん写真
地域包括支援センターで一緒に働く
保健師の遠藤 静さん(中央)
社会福祉士の関野 雅徳さん(右)

左雨さんの仕事

点線
センターでの相談業務、相談者宅への訪問や関係機関との調整・会議などテーマごとに予定を立てます。
地域ケア会議の開催や、ケアマネジャーの育成、民生委員・児童委員など地域福祉で連携する人たちと情報交換・事例共有を行います。

関わることが多い人たち

ケアマネジャー、民生委員・児童委員、地区社会福祉協議会、区社会福祉協議会、区福祉保健センター(区役所)、老人会の人たち、地域の人たちなど

横浜市内の福祉人材に関する求人情報

ウェルじゃん求人情報
横浜市介護人材求人情報システム

ページの先頭へ

ここからフッターメニュー