ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーション
ここから本文

ホーム福祉よこはまトップページ187号ボラセン情報

横浜市社会福祉協議会
福祉よこはま

社会福祉法人
横浜市社会福祉協議会
〒231-8482
横浜市中区桜木町1-1
横浜市健康福祉総合センター
お問合せはこちらのメールアドレスに

ボラセン情報


企業の地域貢献活動支援 地域ケアプラザで出前講座 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 横浜お客様サービスプラザ
企業の社会貢献活動は、その企業が持つ強みを生かすことから始まります。横浜市ボランティアセンターは、企業の「誰に、どのような形で貢献することができるだろう」という想いに応える相談窓口です。実践例として今回は、地域での振り込め詐欺の多発に悩む地域ケアプラザで金融被害防止を目的に実施した出前講座を紹介します。

地域課題

横浜市もえぎ野地域ケアプラザ(青葉区)から・・・

青葉区内では振り込め詐欺などによる金融被害が毎月のように発生し、被害額が大きい
地域の方たちにむけて、金融トラブルを未然に防ぐための働きかけをできないか

企業

SMBCコンシューマーファイナンス(株)横浜お客様サービスプラザでは

顧客の多様な資金ニーズに応える消費者金融サービスを提供するなかで、地域社会とのコミュニケーションを大切にしながら地域住民のニーズに合わせた社会貢献活動として、次のようなことを考えていた。
お金に関する知識や判断する力(金融リテラシー)をよりたくさんの方に身につけていただきたい
全国のお客様サービスプラザで金融経済教育活動を行っている強みを生かして、金融リテラシーの習得支援に応えられる
ボランティアセンターでコーディネート ▶ 講座実施へ

講座

「知って撃退! 金融トラブル」

「振り込め詐欺は他人事、私は大丈夫」という意識を変え、金融トラブルについて正しく理解し、被害に遭わないための講座をもえぎ野地域ケアプラザにて開催しました。(講師:SMBCコンシューマーファイナンス(株)横浜お客様サービスプラザ 河底(かわそこ)誠さん・岡田由紀さん)
企業の工夫
詐欺の具体的なイメージを喚起するため、県警ホームページから実際の犯人の電話の声を利用
青葉区内などの被害件数・被害額が予想以上に多く、増加傾向にある現状を伝える資料を用意
講座後、参加者から詐欺に遭いそうになった経験を話されたり、個別に相談をするなど、早速反応がありました。
講座の写真
▲講座の様子(29年12月15日)
参加した人の感想
振り込め詐欺などのトラブルが青葉区で多いことは自覚していたなか、今回の講座の話があった。講師が準備した犯人の電話の声はまるで本当のことのように聞こえて、気を付けなければならないと改めて思った。
おかげさまで、自分の周りでは金融被害に遭った方はいないと聞いている。しかし、これから自分の所属している老人会でも、今回の講座をうけて、注意喚起や勉強会を行おうと思っている。
講座を担当した、サービスプラザの河底誠さん(左)と岡田由紀さん(右)の写真

ボランティアセンターから 紹介した講座の他にも、地域ケアプラザやボランティアセンターと企業が連携しながら地域課題の解決に取り組んでいます。地域課題の解決のために企業と連携してみませんか。また、企業の皆さまからの「こんなことができます」といったご提案もお受けしています。お近くの地域ケアプラザ、区ボランティアセンター(区社協内)を通じて横浜市ボランティアセンターがオーダーメイドでコーディネートします。まずはご相談ください。

【問合せ】横浜市ボランティアセンター 電話:201-8620

ページの先頭へ

ここからフッターメニュー