ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーション
ここから本文

ホーム知りたいこと年金共済事業年金共済 Q&A

年金共済 Q&A

Q1 民間の福祉施設に勤めています。
市社協の年金共済があると聞きましたが、どんなものですか?
A1 年金共済とは掛金を施設と加入者(職員)がそれぞれ負担し、退職時に一時金として受取ったり、年金としても受取ることができるものです。
また、加入期間中に結婚や出産等があった場合、慶弔金を受取ることができます。
    注)
  • ただし、退職以外での脱退(加入者や施設の都合による年金共済からの脱退)の場合は支払い額が通常の1/2となります。
  • 加入期間が一年未満の場合、退職金の給付はありません。

Q2 加入方法は?
A2 横浜市社協会員の法人及び施設・団体に勤める有給専従者の方が加入できます。

退職金

加入期間と月々の給与額(平均標準給与月額)に応じて、年金または一時金を支払います。
(例)
平均標準給与月額 200,000円の方で
1加入期間が10年の場合
退職金 1,088,800円

平均標準給与月額 200,000円の方で
2加入期間が20年の場合
一時金 2,977,600円
または年金月額15,800円×20年間

慶弔金

【結婚(加入者)】祝い金30,000円-
【出産(加入者又は配偶者)】祝い金20,000円-
【入院(加入者)】
10日以上の入院で
見舞金10,000円~20,000-

年金共済貸付

【お金が必要になったら】
100万円を限度として退職一時金の範囲内希望額(利率年3.65%) をお貸しします。

申し込み・問い合わせ先

横浜市社会福祉協議会 施設福祉課 平日:9:00~17:00
【電話】045-201-2218 【FAX】045-201-1661 【E-mail】 sisetsu-f@yokohamashakyo.jp

ページの先頭へ

ここからフッターメニュー