ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーション
ここから本文

ホーム 障害者支援センタートップ 後見的支援制度 横浜市障害者後見的支援制度(背景)

横浜市障害者後見的支援制度(背景)

背景

イメージイラスト障害福祉サービスが充実してきた現在でも、地域で暮らす障害のある人やその家族は様々な不安を抱えています。

その不安を解消するために、平成21年度、横浜市は「後見的支援推進プロジェクトチーム」を立ち上げ、8回にわたり検討を重ねてきました。

その結果、地域で障害のある人を支えていく「横浜市障害者後見的支援制度」が施策化されました。

平成22年10月から、4区でこの制度は実施されました。その後、各区に広がり、平成29年3月には全区での実施となりました。

開始時期実施区
平成22年10月 南区保土ケ谷区都筑区栄区
平成25年3月 鶴見区磯子区港北区
平成26年3月 西区旭区金沢区緑区
平成27年3月 神奈川区戸塚区泉区
平成28年3月 港南区青葉区
平成29年3月 中区瀬谷区

「後見的支援」とは...

民法上の成年後見制度のみではなく、支援を要する障害者の権利擁護の観点に立って、地域において安心した生活を送ることができるために行う支援。

(「横浜市障害者後見的支援制度実施要綱」より)

後見的支援推進プロジェクトチームでの検討状況

平成21年度の検討状況(横浜市のホームページ)

「後見的支援推進プロジェクト報告書」

ページトップへ

  • 障害者研修保養センター横浜あゆみ荘
  • セイフティーネットプロジェクト横浜
  • 横浜市障害者後見的支援制度
  • ハートメイド(販路拡大事業)
  • よこはま障害者共同受注総合センター
  • PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader® がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader® (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

    adobe Readerダウンロード

ページの先頭へ

ここからフッターメニュー