ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーション
ここから本文

横浜市地域福祉保健計画

第4期横浜市地域福祉保健計画(素案)に関するパブリックコメントを実施します

横浜市及び横浜市社会福祉協議会では、第4期横浜市地域福祉保健計画 (平成31年度~35年度)の策定に向け、「横浜市地域福祉保健計画策定・推進委員会」等で協議・検討してきました。
この度、第4期の横浜市地域福祉保健計画(素案)がまとまりましたので、市民の皆様のご意見を募集します。

第3期横浜市地域福祉保健計画

第3期横浜市地域福祉保健計画表紙

横浜市では、誰もが安心して自分らしく健やかに暮らせる地域づくりを目指し、住民、事業者、公的機関(行政・社会福祉協議会・地域ケアプラザ等)が福祉保健などの地域の課題解決に協働して取り組み、身近な地域の支えあいの仕組みづくりを進めることを目的として、平成16年度から地域福祉保健計画を策定し、第1期(平成16~20年度)、第2期(平成21~25年度)と取組を進めてきました。
横浜市地域福祉保健計画(横浜市)と横浜市地域福祉活動計画(横浜市社協)は、いずれも地域福祉保健を推進するための計画であり、相互に補完し、連携・役割分担し総合的に推進するものであるため、第3期から一体的に策定・推進を行います。

第3期計画の概要

      • 計画期間 平成26年度~30年度(5年間)
      • 愛称 「よこはま笑顔プラン」 *愛称は市民に募集して決定しました。
      • 基本理念 誰もが安心して自分らしく健やかに暮らせる「よこはま」をみんなでつくろう
      • 総合目標
        1 人と人とのつながりを地域資源の一つとして積み重ねていく意義の浸透
        2 自助・共助・公助の組み合わせによる誰もが健やかで安心して生活できる地域づくり
        3 幅広い市民参加を重視した地域社会全体の活力向上
      • 基本理念の実現に向けた取組
        推進の柱1 地域住民が主役となり地域課題に取り組むための基盤をつくる
        推進の柱2 支援を必要とする人が的確に支援へつながる仕組みをつくる
        推進の柱3 幅広い市民参加から地域福祉保健の取組が広がる仕掛けをつくる

第3期横浜市地域福祉保健計画

全文PDF版(pdfファイル11.7MB)

pdfファイル表紙、市長・市社協会長・策定委員長のことば、目次(1.5MB)

pdfファイル第1章 第3期横浜市地域福祉保健計画の策定にあたって(2.4MB)
1 計画策定の趣旨
2 計画の位置づけと圏域の考え方
3 第2期市計画及び第4次活動計画の振り返り
4 地域福祉保健を取り巻く状況の変化
5 2025年の横浜市の姿を視野に入れた中長期的課題
6 計画が目指すもの

pdfファイル第2章 推進のための取組(推進の柱と具体的取組)(2.7MB)
第3期横浜市地域福祉保健計画の方向性
推進の柱1 地域住民が主役となり地域課題に取り組むための基盤をつくる
推進の柱2 支援を必要とする人が的確に支援へつながる仕組みをつくる
推進の柱3 幅広い市民参加から地域福祉保健の取組が広がる仕掛けをつくる

pdfファイル第3章 計画の推進にあたって(443KB)
1 計画の推進体制
2 計画の評価方法

pdfファイル資料編(6.7MB)

第3期横浜市地域福祉保健計画 概要版

PDF版(8.8MB)

PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader® がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader® (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

adobe Readerダウンロード

ページの先頭へ

ここからフッターメニュー