このページの先頭です

本文へ移動します

フッターへ移動します

マスコットキャラクター:ボラちゃん 横浜市ボランティアセンター

寄付

ヨコ寄付

横浜の寄付 すぐヨコの人を支える寄付

ヨコハマで、すぐヨコへ。
助けを待っている人は世界中にいる
横浜にも、私たちのすぐ隣にもいる
コンビニで見かけるあの人かもしれない
子どもと同級生のあの子かもしれない
すぐヨコにいる人のための寄付
横浜どうしで支えあう寄付

HPサムネ)ヨコ寄付ロゴnewカンプ20.5.8バラ_アートボード+1.jpg

寄付を活用した取組 <ひとり暮らし女性むけ食支援>

「ヨコ食ハッピーギフトfor一人暮らし女性」を行いました

【時 期】令和3年3月7日、8日
【内 容】国際女性デー(3月8日にあわせて、コロナの影響等により食の支援を希望する一人暮らし女性1,000人にお米券等を宅配でお届けしました
【共 催】横浜市男女共同参画推進協会
【ご寄付】この取組は、横浜信用金庫様からの寄付により実施しました
ご寄付の様子はコチラ(タウンニュース)
3月8日 朝日新聞に掲載されました(朝日新聞DIGITAL)
3月8日 毎日新聞に掲載されました(毎日新聞デジタル(有料記事))
4月5日 神奈川新聞に掲載されました(神奈川新聞カナロコ)

happy-gift single.png

寄付を活用した取組 <ひとり親むけ食支援>

「ヨコ食ハッピーギフトforひとり親家庭」を行いました

【時 期】令和3年2月
【内 容】コロナの影響等により食の支援を希望する425世帯にお米券等を宅配でお届けしました
【共 催】横浜市母子寡婦福祉会
【ご寄付】この取組は、横浜信用金庫様からの寄付により実施しました
ご寄付の様子はコチラ(タウンニュース)

荒木田会長に目録を手渡す大前理事長(右)

「ヨコ食クリスマスギフト」を行いました

【時 期】令和2年12月
【内 容】ひとり親家庭に食料品を宅配でお届けしました
【対 象】コロナの影響等により食の支援を希望する750世帯にお米・お菓子などを宅配でお届けしました
【ご寄付】この取組はみなさまからの寄付により実施しました
11月24日 NHKシブ5時で放送されました
12月 3日 NHK首都圏ネットワークで放送されました
12月10日 毎日新聞に掲載されました
ヨコ食クリスマスギフト(PDF:764KB)

IMG_8208(カード小).JPG

ヨコ寄付のヨコ食ギフト(PDF:4.8MB)」を行いました

【時 期】令和2年9月
【内 容】ひとり親家庭に食料品を宅配でお届けしました
【対 象】コロナの影響等により食の支援を希望するひとり親世帯
【定 員】500個
【ご寄付】この取り組みはみなさまからの寄付により実施しました。
【その他】 報告書を作成しました コチラ(ヨコ食ギフト報告書(PDF:3.8MB))
7月28日 朝日新聞神奈川版に掲載されました
7月30日 神奈川新聞に掲載されました

ヨコ食ギフトチラシ.png

寄付を活用した取組 <学生むけ食支援>

  • 令和3年2月15日~19日
    (青葉区社会福祉協議会)51名
  • 令和2年12月7日~11日
    (青葉区社会福祉協議会)40名
  • 8月29日
    (青葉区社会福祉協議会)30名
新型コロナウィルスの影響を受けて困っている一人暮らしの学生さんを「食」で応援します!チラシ画像

寄付を活用した取組 <学生むけ食支援>


チラシ画像:第2回 Food Support あおば

  • 7月 4日 タウンニュース
    (青葉区社会福祉協議会)50名
  • 6月30日
    (青葉区社会福祉協議会)50名
日用品を選ぶ学生
六角橋商店街イメージ画像

寄付を活用した取組 <生活に困窮する方への食支援>

新型コロナウイルス感染症対策等の影響により生活に困窮する方へ、
区社会福祉協議会の窓口等で食の支援を行っています。

図解:新型コロナウィルス緊急対策 ヨコ寄付による食支援

寄付実績

(令和元年度)
第1弾

「障害のあるお子さんとご家族の幸せオーラ撮影会」
寄付実績 265,100円(目標金額 200,000円)

(令和2年度)
第2弾

「新型コロナの影響で食べることに困っている人を支えたい」
寄付実績 2,078,400円(目標金額 500,000円)

第3弾

「横浜の若者に食支援」を通して地域の支えあいを伝えたい」
寄付実績 2,024,154円(目標金額 500,000円)

第4弾「ひとり親の子どもの食を障害者の職とともに支える」
寄付実績 7,073,400円(目標金額 2,000,000円)

ご協力ありがとうございました。

見え寄付マーク.png

参考:寄付ご参加の流れ

STEP1

寄付を募集する事業を発表します。希望の方には募集開始をご連絡いたします。
「見え寄付希望」と書いてEメールでお送りください

下矢印

STEP2

一定期間、寄付を募集します
寄付の集まり状況と寄付者(希望者のみ)は
ホームページ等でお知らせします

下矢印

STEP3

寄付を活用した取組を行います。
実施結果はホームページ等で発表します

「見え寄付」は横浜市社協が行う寄付を活用した支援の取組です。
寄付額が事業実施経費に届かない場合は、本会福祉基金より充当いたします。
寄付額が事業実施経費を超える場合は、本会福祉基金に繰り入れられます。
税控除の優遇、感謝状や表彰等についても、これまでの寄付と同様に対象となります。