このページの先頭です

本文へ移動します

フッターへ移動します

ロゴ画像:社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会

ロゴ画像:社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会

メイン画像:横浜の風景

生活福祉資金貸付事業

生活福祉資金貸付事業

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度で、都道府県社会福祉協議会が実施主体となり行われていますので、詳しくお知りになりたい方は神奈川県社会福祉協議会のホームページをご覧ください。

横浜市内在住の方の相談窓口は、お住いの区社会福祉協議会です。

お住まいの区社会福祉協議会

制度の詳細については以下をご覧ください。

生活福祉資金(特例貸付)

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金にお困りの方々へ

総合支援資金

失業などにより、日常生活全般に困難を抱えた世帯の生活の立て直しのために、継続的な相談支援と生活費及び一時的に必要な貸付を行います。

緊急小口資金

低所得世帯が、緊急的かつ一時的に生計維持が困難になった場合に、小額の貸付を行います。

福祉資金

低所得世帯、障害者や日常生活上療養または介護を必要とする高齢者のいる世帯などに対して、資金の貸付と必要な援助を行います。

教育支援資金

一定の所得以下の世帯に対して、学校教育法に定められた高等学校、大学などへの進学や通学に必要な経費を貸し付けます。

不動産担保型生活資金

住み慣れた自宅に住み続けたい高齢者を対象に、土地・建物を担保として、生活資金を貸し付けます。

要保護世帯向け不動産担保型生活資金

一定の居住用不動産(マンション等の集合住宅を含む)を有し、将来にわたりその住居を所有、または住み続けることを希望する要保護の高齢者世帯に対し、当該不動産を担保として生活費を貸し付けます。