ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーション
ここから本文

ホームボランティアセンタートップ現在のページ

横浜市ボランティアセンター

講座・イベント情報

このページの情報に関するお問合せは、直接各講座・イベントの問い合わせ先へお願いします。
お申し込み・お問い合わせの際は「横浜市ボランティアセンターのホームページで見ました」とお伝えください。
「講座・イベント情報」に掲載希望の方は、コチラ からどうぞ。

各区社協・区ボランティアセンターが主催する講座・イベント情報はコチラ

福祉体験・ボランティア活動に関する講座・イベントなど

高齢者福祉に関する講座・イベント
【NEW】認知症カフェもっともっとIV わたしのための居場所づくり

障害者福祉に関する講座・イベント
【NEW】『地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業報告会
地域にひらく、地域でつむぐ』
音声訳ボランティア入門講座
障害福祉と文化芸術の関わりを考える勉強会"そこにいること"へのまなざし

子ども・子育て・青少年問題などに関する講座・イベント
子どもシェルターてんぽのボランティア講座

そのほか
【NEW】薬物依存症者を抱える家族の会 NPO法人横浜ひまわり家族会
第4回「薬物依存症者と家族オープンセミナー」
【横浜発】食を通じた地域づくりフォーラム
アルコール依存症は回復できる病気です~第18回AA横浜地区の集い


よこはま福祉・保健カレッジ」 でも、たくさんの講座情報をお届けしています!

『地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業報告会
地域にひらく、地域でつむぐ』
内 容
■STスポット横浜では、「地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業」として福祉施設における芸術家によるワークショップ実施事業、勉強会などを通して障害や文化芸術についての知見を深めるコーディネーター育成事業、神奈川県内の事例蓄積を行う調査研究事業を柱に、活動を行ってきました。
この報告会では、今年度の活動報告と福祉施設での芸術家による取り組みの様子をご紹介します。 また、最後に福祉施設や文化施設が地域に開いていくことについて議論を深め、今後の可能性や展望を考えるきっかけとしていきます。
≪内容≫
(1)「地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業」概要説明
(2)福祉施設での芸術家による取り組みの紹介
ゲスト:
[ダンス]入手杏奈(ダンサー・振付家) ・ 安武宗吾(磯子区障害者地域活動ホーム 職員)
[美 術]小野亞斗子(造形ユニットドゥイ) ・今村憲一(リエゾン笠間 主任)
(3)活動報告を受けての話題提供
ゲスト:坂倉杏介(東京都市大学都市生活学部 准教授)
(4)登壇者によるクロストーク
※この報告会は、平成30年度かながわボランタリー活動推進基金21・協働事業負担金「地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業」(認定NPO法人STスポット横浜、神奈川県福祉子どもみらい局福祉部障害福祉課、神奈川県国際文化観光局文化課)として行います。
※チラシは、コチラ!
※ゲストプロフィールなど詳細は、コチラ!
日 時
■2019年3月7日(木) 19:00~20:30
場 所
■障害者スポーツ文化センター横浜ラポール 大会議室
※地図は、コチラ!
対 象
■障害者との文化芸術活動に取り組んでいる、もしくは取り組みたいと考えている方。主に文化施設や芸術団体に関わる方を想定していますが、ご興味をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。
定 員
■50名(先着順、要事前申込)
参加費
■1,000円
申込み
■件名を「報告会参加」として、以下の内容をこちらのメールアドレス(community@stspot.jp)までお送りください。
こちらからの返信をもってご予約完了となります。
(1)お名前(ふりがな)(2)ご所属(あれば)(3)当日連絡用の電話番号(4)メールアドレス
※特別な配慮が必要な方は、2週間前までにお知らせください
問合せ
■認定NPO法人STスポット横浜 地域連携事業部
〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル208
TEL:045-325-0410
FAX:045-325-0414
掲載終了
■2019年3月7日

薬物依存症者を抱える家族の会 NPO法人横浜ひまわり家族会
第4回「薬物依存症者と家族オープンセミナー」
内 容
■薬物依存症は発症から回復まで10年も20年もかかる「生涯治療を要する病」です。
回復までの道のりは長く、その間、本人や家族を支えてくれる医療、福祉、行政の連携した支援が求められています。
今回の基調講演は茨城県の依存症対策システムを立ち上げられ、以来20数年、薬物問題対策に関わってこられた 茨城県立こころの医療センター医師・前副院長中村惠先生に、多様な依存症の回復について「薬物依存症とその周辺」=重複障害など=と題してご講演いただきます。
また、家族や当事者の体験談、来場者とのQ&Aセッションもあります。
※詳しくは、コチラ!
※チラシは、コチラ!
日 時
■2019年2月24日(日)12:30~16:30(12:00 受付)
場 所
■横浜ラポールシアター 横浜市港北区鳥山町1752
障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール1階
JR横浜線、新幹線、地下鉄「新横浜駅」徒歩10分
※地図は、コチラ!
対 象
■依存症問題を抱えている家族・当事者、厚生保護、学校関係、医療,行政、福祉の援助者、一般市民の方々、など
定 員
■先着250名(事前申込不要)
参加費
■無料
その他
■手話通訳をご希望の方は2月10日(日)までにチラシ裏面の申込書にご記入の上、FAX.045-543-3880へ送信ください。
問合せ
■NPO法人 横浜ひまわり家族会
〒222-0035横浜市港北区鳥山町1752
障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール3階
TEL:045-475-2063 090-3478-4998(中原)090?8720?4641(英子)
FAX:045-543-3880
掲載終了
■2019年2月24日

【横浜発】食を通じた地域づくりフォーラム
内 容
■横浜発 食を通じた地域づくりフォーラム
実践報告:企業などからの寄付品が、様々な人の手や工夫を経て、地域で活かされる事例をご紹介します。
コメンテーター:後藤 真一郎 氏
※チラシは、コチラ!
※詳しくは、コチラ!
日 時
■2019年3月13日(水)13:15~16:30(受付12:45)
場 所
■新都市ホール(そごう横浜店9階 横浜駅徒歩5分)
※地図は、コチラ!
定 員
■500名
参加費
■無料
締 切
■原則、先着順とし、ご参加いただけない場合のみご連絡いたします。
申込み
■チラシの申込書をFAXまたは同じ内容をEメールでお送りください。
問合せ
■社会福祉法人横浜市社会福祉協議会
横浜市中区桜木町1-1横浜市健康福祉総合センター
TEL:045-201-8616
FAX:045-201-1620
掲載終了
■2019年3月13日

アルコール依存症は回復できる病気です~第18回AA横浜地区の集い
内 容
■AA(アルコホーリクス・アノニマス)はアルコール依存症から回復したいと願う当事者の集まり(自助グループ)です。アルコール依存症は誰でもかかる病気で、完治はない(二度と安全に飲めるようにはならない)が回復はある(飲まないで生きていくことができる)と言われています。
「横浜地区の集い」は毎年春に行われている催しで、アルコール依存症の当事者・関係者が数百人集います。今回は依存症治療にとりくむ医師玉澤彰英氏にご講演頂きます。アルコール依存症からの回復について実感して頂けると思います。
主な内容:
★アルコール依存症の当事者10数名による回復の体験談(午前・午後)
テーマ『生きる為の新しい道へ』
★講演:玉澤彰英氏(医療法人誠心会 神奈川病院院長、医師)(14:00~14:30)
どなたでもご参加頂けます。お気軽にお出かけ下さい。
※チラシは、コチラ!
日 時
■2019年3月17日(日)10時から15時45分(9時30分開場)
※途中入場・退出自由です。
場 所
■横浜市健康福祉総合センター4階ホール
※地図は、コチラ!
対 象
■お酒の飲み方に問題を感じている方、またその家族・周囲の方、支援に関わる方、関係機関の方、アルコール依存症に関心をお持ちの方、などどなたでもご参加頂けます。
定 員
■特になし。収容人員300名の会場で開催します。
参加費
■無料
締 切
■なし
申込み
■申込み不要。直接ご来場下さい。
問合せ
■AA関東甲信越セントラルオフィス
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-34-16 オータニビル3F
TEL:03-5957-3506
FAX:03-5957-3507
掲載終了
■2019年3月17日

認知症カフェもっともっとIV わたしのための居場所づくり
内 容
■認知症カフェについて学び合うフォーラムです。
どこかに居場所を、そして活躍できる役割をさがしているのは、認知症のかただけではありません。「わたし」が必要とする場は、誰かの必要性と呼応するはずです。その人その人に必要な場を仲間と支え合い、自分自身で創っていく。
「わたしのための」居場所づくりを考えてみませんか。
※詳しくは、コチラ!
※チラシは、コチラ!
日 時
■2019年3月15日(金)10:30~15:45(受付10:00から)
場 所
■横浜情報文化センター ホール 6階
※地図は、コチラ!
対 象
■地域で認知症カフェ・居場所をつくりたいと考えている方、ご家族、認知症のご本人
定 員
■85名
参加費
■1000円
締 切
■定員に達し次第締め切り
申込み
■EメールまたはFAXまたはホームページの申込フォームで下記の事項をお知らせ下さい 【1】お名前【2】ご所属【3】活動地域【4】E-mail【5】FAX【6】電話番号
【7】当日ボランティアが可能か(※イベント当日のボランティアを10名募集しています。準備のため9:00ごろ集合を予定しています)
【8】別室にてお過ごしいただけるスペースを用意しております。ご利用を希望される方は、お話相手、横になれるスペースなど必要なサポートについてお知らせください。
問合せ
■NPO法人市民セクターよこはま
横浜市中区太田町4-49 NGS横濱馬車道802号室
TEL:045-222-6501
FAX:045-222-6502
掲載終了
■2019年3月15日

子どもシェルターてんぽのボランティア講座
内 容
■子どもセンターてんぽは、児童虐待等が理由で安心して暮らせる場所がない10代後半の子どもたちが生活するシェルター(定員:男女6名、横浜市内)と自立援助ホーム(定員:女子6名、場所は南足柄市)を運営しているNPO法人です。
てんぽでは年に2度、子どものシェルターや自立援助ホームでの支援に関心のある方、シェルターでのボランティアをお考えの方を対象にした、ボランティア講座を開催しています。
この度、2019年春の講座の募集をします。是非ご参加ください!
なお、本講座自体は、4回全ての出席が難しい方でも受講できます。
※チラシは、コチラ!
※詳しくは、コチラ!
日 時
■4回連続講座
2月23日(土) ・3月9日(土)・3月23日(土) ・3月30日(土)
時間: 9:20~12:00(受付時間9:10から)
■面接・説明会(ボランティア希望者のみ)
4月13日(土) 9:20~12:00
場 所
■横浜市南区社会福祉協議会 8階(横浜市南区浦舟町3-46)
※地図は、コチラ!
対 象
■20歳以上の方
定 員
■30名
参加費
■1回1,000円
締 切
■2月11日(月・祝日)
申込み
■メール、FAX、郵送のいずれか。
※ボランティア講座申込書は、コチラ!
問合せ
■特定非営利活動法人 子どもセンターてんぽ
〒222-0033横浜市港北区新横浜3-18-3新横浜KSビル4階 新横浜法律事務所内
TEL:045-473-1959
FAX:045-477-5822
掲載終了
■2019年2月23日

音声訳ボランティア入門講座
内 容
■音声訳ボランティアは、視覚に障がいのある方のために、書籍や雑誌、広報誌、新聞などの内容を"音声にして伝える"活動です。
初心者の方にも、基礎から分かりやすく説明します。
ご関心がある方はぜひご参加ください。
【内容】
第1回(1/30):ボランティア活動について、視覚障がい者について
第2回(2/6)~第7回(3/13):実技(音訳の基礎、発声・口の運動、アクセント、滑舌 等)
第8回(3/20):実技、閉講式

※チラシは、コチラ!
日 時
■2019年1月30日~3月20日の毎週水曜日(全8回)
いずれも13時30分~15時30分
場 所
■いきいきセンター金沢(金沢区泥亀1-21-5)
※地図は、コチラ!
※各回の会場については、チラシをご参照下さい。
対 象
■全日程に参加できる方。
■講座修了後に音声訳ボランティア「金沢こだまの会」の一員として活動可能な方。
定 員
■20名(先着順)
参加費
■1,000円
締 切
■12月7日(金)
申込み
■電話・FAX・窓口にて、(1)氏名、(2)住所、(3)電話番号をお知らせください。
※参加申込書は、コチラ!
問合せ
■金沢区ボランティアセンター(金沢区社会福祉協議会)
金沢区泥亀1-21-5
TEL:045-784-2222
FAX:045-784-9011
掲載終了
■2019年3月20日

障害福祉と文化芸術の関わりを考える勉強会 "そこにいること"へのまなざし
内 容
■昨今、文化芸術の分野においては、障害のある人を含む多様な人たちや地域と関わることについて、多くの注目が集まっています。この勉強会では、文化芸術を通して障害のある人もない人も混ざり合う場をつくっている方の実践をうかがい、隣り合う人をつなぐための視点について考えを深めます。各回ではグループディスカッションの時間も取る予定です。みなさんと一緒に障害福祉と文化芸術のより良いあり方を探究していきます。
※チラシは、コチラ!
※ゲストプロフィールなど詳細は、コチラ!

【1】障害のある人の表現に出会う場
ゲスト:
中畝常雄(NPO法人スペースナナ、「ココロはずむアート展」書記)
石井将隆(カプカプ川和 施設長、「ココロはずむアート展」実行委員長)

【2】身体を通した対話
ゲスト:
砂連尾理(ダンサー・振付家)
【後援】公益財団法人 相模原市民文化財団

【3】地域のつなぎ手、担い手
ゲスト:
原島隆行(六角橋地域ケアプラザ 地域交流コーディネーター)
中村麻美(地域活動支援センターひふみ 施設長)

【4】障害者と芸術鑑賞
ゲスト:
林建太(視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ 代表)
関淳一(横浜美術館)
※この勉強会は、平成30年度かながわボランタリー活動推進基金21・協働事業負担金「地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業」(認定NPO法人STスポット横浜、神奈川県福祉子どもみらい局福祉部障害福祉課、神奈川県国際文化観光局文化課)として行います。
日 時
■【1】2018年11月5日(月) 19:00~20:30
■【2】2019年1月11日(金) 14:00~16:00
■【3】2019年1月23日(水) 19:00~20:30
■【4】2019年2月20日(水) 19:00~20:30
場 所
■【1】スペースナナ(横浜市青葉区あざみ野1-21-11)
※地図は、コチラ!
■【2】杜のホールはしもと多目的室(相模原市緑区橋本3-28-1 ミウィ橋本8階)
※地図は、コチラ!
■【3】【4】STスポット(横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビルB1)
※地図は、コチラ!
対 象
■障害者との文化芸術活動に取り組んでいる、もしくは取り組みたいと考えている方。主に文化施設や芸術団体に関わる方を想定していますが、ご興味をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。
定 員
■各回20名(先着順、要事前申込)
参加費
■各回500円
※4回連続のご参加をお勧めしますが、1回ごとのご参加も可能です。
申込み
■件名を「勉強会参加」として、以下の内容をこちらのメールアドレス(community@stspot.jp)までお送りください。こちらからの返信をもってご予約完了となります。
(1)お名前(ふりがな)
(2)ご所属(あれば)
(3)参加ご希望の回
(4)当日連絡用の電話番号
(5)メールアドレス
(6)この勉強会に期待すること ※短くて構いませんので、ぜひお知らせください。出来る限り内容にも反映させていきたいと思います。
問合せ
■認定NPO法人STスポット横浜 地域連携事業部
〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル208
TEL:045-325-0410
FAX:045-325-0414
掲載終了
■2019年2月20日

  • 法人の皆様へ企業の社会貢献
  • 福祉教育
  • 横浜災害ボランティアネットワーク会議
  • ボランティア活動、あります。
  • あなたの街のボラセン
  • ヨコハマ寄付本
  • ジョインと・よこはま

PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader® がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader® (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

adobe Readerダウンロード

ページの先頭へ

ここからフッターメニュー