ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーション
ここから本文

ホームボランティアセンタートップ現在のページ

横浜市ボランティアセンター

講座・イベント情報

このページの情報に関するお問合せは、直接各講座・イベントの問い合わせ先へお願いします。
お申し込み・お問い合わせの際は「横浜市ボランティアセンターのホームページで見ました」とお伝えください。
「講座・イベント情報」に掲載希望の方は、コチラ からどうぞ。

各区社協・区ボランティアセンターが主催する講座・イベント情報はコチラ

福祉体験・ボランティア活動に関する講座・イベントなど
【NEW】 シニア世代の生き方 地域社会との関わり方
かながわコミュニティカレッジ1・2月開講講座

高齢者福祉に関する講座・イベント
【NEW】第4期横浜市市民後見人養成課程 説明会
【NEW】市民後見シンポジウム
ひとに寄り添う実践~時代が求める市民後見人~

障害者福祉に関する講座・イベント
【NEW】障害者防災リーダー養成講座
講演会+ワークショップ
「障害者差別解消法と、事例を通じた解決策を学ぶ」

子ども・子育て・青少年問題などに関する講座・イベント
【NEW】第4回 横浜 子ども・青少年に関わる活動関係者の大交流会


そのほか
【NEW】薬物依存症者を抱える家族の会 横浜ひまわり家族会
第3回「薬物依存症者と家族オープンセミナー」(横浜市受託事業)
DV被害者対応スキルアップ研修会

「よこはま福祉・保健カレッジ」 でも、たくさんの講座情報をお届けしています!

障害者防災リーダー養成講座
内 容
■被災地障害者を支援するため、必要な事項と体制作りを学びます。
・被災地に求められるもの
・被災地障害者センターの運営について
・被災地障害者センターのニーズについて
※過去の被災地支援の経験豊富な講師が具体的に被災地での活動のノウハウを伝えます。
※チラシは、コチラ!
日 時
■2018年2月7日(水)10:30~16:00
場 所
■障害者スポーツ文化センター横浜ラポール
※地図は、コチラ!
対 象
■障害者福祉サービスに携わっている方、自立生活センターに関わっている方、被災地障害者支援センター運営に関心のある方、災害ボランティア活動に関わっている方
定 員
■80名
参加費
■1,000円(当日会場で)
締 切
■定員になり次第締め切り
申込み
■メール、ファクス、電話で、お名前、ご住所、電話、アドレス、障害の有無、介助者の有無、必要な支援があればそれもお書きください。
※FAX申込先は、コチラ!
問合せ
■らんがく舎
横浜市港北区菊名4−10−37
TEL:045-431-4070
090−9102−3914
FAX:045−431−4070
掲載終了
■2018年2月7日

第4期横浜市市民後見人養成課程 説明会
内 容
■横浜市では、認知症や知的障害、精神障害などにより、判断能力の不十分な方を支援する地域の身近な存在として、市民が後見活動を担う「市民後見人」を養成しています。
この度、第4期横浜市市民後見人養成課程開講にあたり、説明会を開催します。

【内容】
横浜市における市民後見人養成・活動支援について 市民後見人養成課程について(研修内容、受講要件等)

【市民後見人とは】
家庭裁判所から選任され、法的に認められた権限をもって、成年後見人(保佐人・補助人)として、判断能力が不十分な高齢者や障害者に対して、同じ市民の立場できめの細かい見守り等の支援を行っています。

【養成課程の概要】
・募集人数は45名程度です。
・養成課程は平成30年6月から平成31年3月までの期間です。講義中心の基礎編(1.5か月 全9日)と現場実習や後見業務の実際を学ぶ実務編(6.5か月 全22日)で構成されます。基礎編と実務編のそれぞれで受講料が必要です。
・基礎編の受講・実務編の受講・養成課程の修了など、段階に応じて選考を行います。
・後見業務は、平日の日中活動が中心となり、平日日中に活動できる方を養成する視点から、養成課程も平日日中の時間帯となります。

【主催】
・横浜市社会福祉協議会 横浜生活あんしんセンター
・横浜市健康福祉局福祉保健課

※チラシは、コチラ!
※詳しくは、コチラ!
日 時
■(1)平成30年2月14日 (水)16時00分~17時30分(開場:15時40分)
■(2)平成30年2月26日 (月)10時30分~12時00分(開場:10時00分)
■(3)平成30年3月 3日 (土) 10時00分~11時30分(開場:9時30分)
※3回とも同じ内容です。いずれかにご参加ください。
※各回とも開始15分を経過して以降の入場はできません。
場 所
■(1)(3)横浜市健康福祉総合センター 4階ホール
(中区桜木町1-1)
※地図はコチラ!
■(2)旭区民文化センター「サンハート」ホール
(旭区二俣川1-3二俣川ライフ5F)
※地図はコチラ!
対 象
■【対象】以下のすべてに該当する方
・横浜市民の方 ・25歳以上70歳未満(平成30年6月1日現在)の方
・第三者後見人等(他の団体の法人後見履行者及び任意後見契約者を含む)として、他で受任していない方。また、今後も受任しない方。
※「申込者本人が説明会に参加していること」が養成課程の申込要件となります。
定 員
■各回300名 ※先着順
参加費
■無料
その他
※手話通訳等、配慮が必要な場合には、平成30年1月24日(水)までに、横浜生活あんしんセンター(電話 045-201-2009 FAX 045-201-9116)までご連絡ください。
申込み
■申込不要 ※各回先着順
問合せ
■社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会 横浜生活あんしんセンター
〒231-8482 横浜市中区1-1 横浜市健康福祉総合センター
TEL:045-201-2009
FAX:045-201-9116
掲載終了
■2018年3月3日

市民後見シンポジウム ひとに寄り添う実践~時代が求める市民後見人~
内 容
■平成26年度に横浜市第1号の市民後見人が誕生してから今日まで、関係者との連携の
もと、多くの市民後見人が地域に根差したきめ細かな活動を進めています。
その取り組みをさらに広げ、地域における権利擁護を進めていくことを目指し、シンポジウムを開催します。

◆市民後見人とは
・横浜市の養成課程を修了し、「横浜市市民後見人バンク」に登録した方で、家庭裁判所から選任を受け、地域に住む身近な存在として被後見人等を支えます。
・活動を行う際は地域と連携して取り組み、地域福祉の推進を担っています。

【基調報告】
・横浜市における市民後見人養成・活動支援の取り組みについて
報告者:横浜生活あんしんセンター 所長 延命 政之(弁護士)

・成年後見制度をめぐる横浜の現状と市民後見人への期待
報告者:横浜家庭裁判所 次席書記官

【パネルディスカッション】
パネリスト:市民後見人、活動支援関係者
総評:石渡 和実氏(東洋英和女学院大学大学院教授・市民後見推進委員会委員長)

共催 ・社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会 横浜生活あんしんセンター
・横浜市健康福祉局福祉保健課

※チラシは、コチラ!
※詳しくは、コチラ!
日 時
■平成30年2月14日(水)
13時30分から15時40分まで(受付12時45分~)
場 所
■横浜市健康福祉総合センター 4階 ホール (横浜市中区桜木町1-1)
※地図は、コチラ!
定 員
■300名
参加費
■無料
その他
■当日、同会場にて第4期横浜市市民後見養成課程説明会を開催予定(16時~)
申込み
■申込不要
問合せ
■社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会 横浜生活あんしんセンター
〒231-8482 横浜市中区1-1 横浜市健康福祉総合センター
TEL:045-201-2009
FAX:045-201-9116
掲載終了
■2018年2月14日

シニア世代の生き方 地域社会との関わり方
内 容
■高齢化社会を楽しく生きる
シニア世代の生き方 地域社会との関わり方
第1部:講演会
【特別講演】「シニアの社会参加と助け合い」
堀田 力氏
・公益財団法人さわやか福祉財団会長
・ナルク顧問

【実践事例紹介】「長寿社会の街づくり ~柏市プロジェクト~」
木村 精一氏
・元柏市保健福祉部長
・東京大学高齢社会総合研究機構
・学術支援専門職員

第2部:ナルクの活動事例
※チラシは、コチラ!
日 時
■2018年2月28日(水)13:30~17:00
場 所
■横浜市社会福祉センター
※地図は、コチラ!
対 象
■どなたでも
定 員
■200人
参加費
■無料
締 切
■2月15日
申込み
■FAX
※参加申込書は、コチラ!
問合せ
■ナルク横浜拠点
横浜市旭区鶴ヶ峰2-52-2
TEL:045-719-5001
FAX:045-719-5002
掲載終了
■2018年2月28日

講演会+ワークショップ 「障害者差別解消法と、事例を通じた解決策を学ぶ」
内 容
■この勉強会では障害者差別解消法について学び、事例を通して、差別のない社会をつくるための解決策を一緒に考えます。
講演会 講師 : 石渡和実(東洋英和女学院大学教授)
テーマ : (仮)差別解消法と当事者の役割
ワークショップ(グループワーク)
テーマ:差別を受けたと感じた時の対応や解決策を考える
(数人ずつのグループに分かれて話し合います)
※チラシは、コチラ!
日 時
■2018年2月10日(土)13:00~15:30
場 所
■横浜市中区福祉保健活動拠点 多目的研修室
※地図は、コチラ!
対 象
■障害のある方、障害者の支援をする方を主な対象とします。
定 員
■50人
参加費
■無料
その他
■手話通訳があります。それ以外のサポートが必要な方はご相談ください。
締 切
■事前申し込み制(定員になり次第〆切)
申込み
■必ずFAXまたはE-MAILで、以下の4項目を記入の上、問合せ先までお申し込みください。(1)申込者氏名、(2)連絡先(電話、FAX、 E-MAILアドレス)、(3)参加人数(申込者以外の方を含む場合は、全員の氏名)、(4)障害のある方やサポートが必要な方はその内容を明記
問合せ
■NPO法人横濱ジェントルタウン倶楽部
横浜市中区常盤町2-10 常盤不動産ビル2F 107
TEL:045-681-3877
FAX:045-663-9273
掲載終了
■2018年2月10日

第4回 横浜 子ども・青少年に関わる活動関係者の大交流会
内 容
■講演会や研修で講師の話以上に自己紹介や発言タイムが盛り上がることがあります。閉会後も名刺交換や雑談がなかなか終わらないこともあります。いっそのことその交流部分をメインにしてみました。
参加者全員が情報源になり、こども・青少年に関わる関心のある方ならば誰でも参加し活動紹介ができます。横浜に、こんな人たちがいて、こんな活動があるという出会いがあります。昨年は60名を超える参加がありました。(詳細についてはチラシをご覧下さい)

★前回までの交流テーマ(今回も参加者の希望を元に設定します)
子どもの居場所づくり、子ども食堂、支援者の連携
対応が難しい子どもへのアプローチ方法
活動や運営の資源について
幼児~学童期の子どもについて、ETC・・・

★前回までの発表者・参加者
保護司、プレイパーク、外国に繋がる児童支援、
自然体験、表現・芸術活動、セクシャルマイノリティ 、アディクション、
子ども医療関係者、ユニセフ、 地区センター、地域ケアプラザ、
行政関係者、学生、保護者、 スクールソーシャルワーカー、
学習支援・生活支援、 放課後キッズクラブ、自立援助ホーム、
保育所、ひきこもり当事者(支援者)、一般市民、ETC・・・
※チラシは、コチラ!
※詳しくは、コチラ!
日 時
■2018年2月25日(日) 10:00~16:00
場 所
■青少年交流・活動スペース さくらリビング(桜木町ぴおシティ6階)
※地図は、コチラ!
対 象
■こども・青少年に関わる関心のある方ならば誰でも
定 員
■特になし ※但し、プレゼン発表希望の方は先着順
参加費
■500円(資料代)
その他
主催:「横浜子ども・青少年に関わる活動関係者の大交流会」を開く会
共催:公益財団法人よこはまユース
締 切
■2018年2月22日(木)
申込み
■こちらの大交流会応募フォームからお申込みください。 https://goo.gl/forms/9NFcXXWRtyC9YgiC3

<フォーム以外でお申込みを希望される方>
メールで以下の項目を記載の上お送りください。
氏名・所属団体・電話番号・メールアドレス・当日の参加者名簿への記載希望の有無 活動紹介希望の有無・団体紹介冊子希望の有無
問合せ
■青少年育成センター
横浜市中区住吉町2-22 松栄関内ビル7階
TEL:045-664-6251
FAX:045-664-6254
掲載終了
■2018年2月25日

薬物依存症者を抱える家族の会 横浜ひまわり家族会
第3回「薬物依存症者と家族オープンセミナー」 (横浜市受託事業)
内 容
■薬物・アルコール・ギャンブルなど、それぞれ使うものは違っているが、繰り返し起こす様々な問題で家族は巻き込まれ崩壊し、死に至るケースもまれではありません。これは依存症の病気の症状で、病気を理解し、適切な治療、対応すれば回復できる病気です。どうしたら回復できるか、家族はどうすればよいか。
神奈川県立精神医療センター 専門医療部長 小林桜児先生の基調講演と当事者や家族の体験談、回復施設スタッフ交えたQ&Aセッションなどで共に学び回復のヒントが得られるよう目指します。
※チラシは、コチラ!
※詳しくは、コチラ!
日 時
■2018年1月28日(日)12:30~16:30(12:00 受付)
場 所
■横浜ラポールシアター
(横浜市港北区鳥山町1752 障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール1階 JR横浜線、新幹線、地下鉄「新横浜駅」徒歩10分)
※地図は、コチラ!
対 象
■依存症問題を抱えている家族・当事者、厚生保護、学校関係、医療,行政、福祉の援助者、一般市民の方々、など
定 員
■先着250名
参加費
■無料
申込み
■事前申し込み不要
問合せ
■横浜ひまわり家族会
〒222-0035横浜市港北区鳥山町1752
障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール3階
TEL:045-475-2063 (木曜日10:00~16:00)
090-3478-4998(中原)
090−8720−4641(英子)
FAX:045-543-3880
掲載終了
■2018年1月28日

DV被害者対応スキルアップ研修会
内 容
■近年、DV防止法が施行されるとともに、医療・福祉・相談などの現場では、電話相談や面接を通してDV被害者に対応する機会が増えています。被害者が同じような質問を何度も相談員に尋ねてきたり、被害者の迷いが多くなかなか行動につなげられない、など、対応に苦慮する経験を持つ援助職の方も多いはずです。
この研修会では、DV被害者ケースに必要な見立ての枠組みと対応技術を提供します。講義だけでなく、講師によるデモンストレーション、ロールプレイ実習もふんだんに取り入れ、次の日から現場で役立つノウハウが満載です。日本でこれほど詳細に具体的対応を学ぶ機会は多くはありません。ぜひご参加下さい。

◇◆内容項目◆◇
DVの本質/被害者の心理機制/被害者が安心感をもてる援助技法/ビデオを見てのグループ討議/被害者の回復に応じた援助/電話相談・面接場面のロールプレイ実習/二次被害の防止/他
〔講 師〕草柳 和之 (大東文化大学非常勤講師/日本カウンセリング学会認定カウンセラー)
※チラシは、コチラ!
※詳しくは、コチラ!
日 時
■2018年1月20日(土)[13:30~21:00]+21日(日)[9:30~16:30]
場 所
■大東文化会館(東武東上線東武練馬駅1分) : 板橋区徳丸2-4-21、他
対 象
■関心のある方
(この研修会の性質上、DV加害経験のある方のご参加は、ご遠慮いただいています。)
参加費
■二日:予約14,040円(当日16,200円)、一日:予約7,560円(当日8,640円)
=税込=
締 切
■2018年1月19日
申込み
■まず電話連絡をいただき、事前に受講費の振込みをして下さい。入金確認後に、参加者へ会場のお知らせを致します。
※振込先につきましては、チラシをご覧ください。コチラ!
問合せ
■メンタルサービスセンター
〒176-8799 練馬郵便局留
TEL:03-3993-6147
掲載終了
■2018年1月19日

かながわコミュニティカレッジ1・2月開講講座
内 容
■(1)『傾聴ボランティア トレーニング研修』
入門講座で学んだ傾聴の基本をもとに、そのスキルを深めるための講座です。
こころの通う豊かな地域社会づくりのために、チャレンジしてみませんか?
【主な対象者】
傾聴ボランティア養成講座(入門コース)修了者、
又は傾聴ボランティア活動を実践している方
【講座実施団体】 NPO法人シニアライフセラピー研究所
※講座の詳細・お申込方法は、コチラ!
※チラシは、コチラ!

(2)『傾聴ボランティア リーダー研修』
入門講座で学んだ傾聴の基本をもとに、そのスキルを深めるための講座です。
こころの通う豊かな地域社会づくりのために、チャレンジしてみませんか?
【主な対象者】
傾聴ボランティアトレーニングコース修了者、
又は傾聴ボランティア活動を実践している方
【【講座実施団体】 NPO法人シニアライフセラピー研究所
※講座の詳細・お申込方法は、コチラ!
※チラシは、コチラ!

(3)~ムダをなくして社会に活かす~
『食品ロス!減らす取り組み、活かす取り組みを学ぶ』
食品ロス(まだ食べられるのに捨てられる食品)の削減をめざし、各所で取り組まれる
先進的な事例を学び、活動の場を視察します。
家庭や地域での食品ロスの有効活用に向け、実践につながる活動ができるよう皆で学び、考えます。食品ロスの問題に関心のある方にオススメの講座です。
【講座実施団体】 NPO法人ぐらす・かわさき/(一社)ソーシャルコーディネートかながわ ※講座の詳細・お申込方法は、コチラ!
※チラシは、コチラ!

※かながわコミュニティカレッジについては、コチラ!
日 時
■(1)2018年1月9日(火)~1月30日(火) 9:30~12:30 火曜日[全4回]
■(2)2018年2月6日(火)~2月27日(火) 9:30~12:30 火曜日[全4回]
■(3)2018年1月10日(水)~2月21日(水) 13:00~16:10 水曜日[全7回]
場 所
■横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民センター11階
※地図は、コチラ!
※(3)は、現地視察がございます。
対 象
■県内に在住・在勤・在学の方 県内でボランティアやNPO等として活動をしている方及び団体、 または活動を予定している方及び団体
定 員
■(1)40名・(2)30名・(3)30名
参加費
■(1)6,000円・(2)6,000円・(3)10,500円
その他
■詳細は、チラシをご参照ください
締 切
■(1)12月20日 (水)・(2)1月23日(火)・(3)12月26日(火)
申込み
■受講の申込みについては、住所・氏名(団体受講の場合は、団体名と代表者名)・電話番号・受講希望講座を、かながわコミュニティカレッジ事務局までご連絡ください。 または、神奈川県のホームページ(コチラ!)から、申込専用メールフォームをご利用ください。
問合せ
■かながわコミュニティカレッジ事務局
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民センター11階
TEL:045-620-0743 (日)(月)(祝)を除く9:00~18:00開設
FAX:045-620-0745
掲載終了
■2018年2月27日

  • 法人の皆様へ企業の社会貢献
  • 福祉教育
  • 横浜災害ボランティアネットワーク会議
  • ボランティア活動、あります。
  • あなたの街のボラセン
  • ヨコハマ寄付本
  • ジョインと・よこはま

PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader® がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader® (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

adobe Readerダウンロード

ページの先頭へ

ここからフッターメニュー