ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーション
ここから本文

ホーム福祉よこはまトップページ153号Let's tryボランティア

Let's tryボランティア


ボラちゃんボランティア活動をやってみたいけど、実際にどんなことをするの?
そんなギモンにこたえる「Let's tryボランティア」のコーナー
ボランティア活動の現場に"密着"し、活動の様子をお伝えします!

下矢印今回密着したのはこの活動

ボランティア活動先 団体名TIE トマトマの会 内容トマトマ教室 外国から来た中高生の学習支援をするボランティア 日にち主に毎週日曜日 その他の日にちも応相談 場所かながわ県民活動サポートセンター(鉄道各線 横浜駅西口 徒歩5分)
ボランティアさん 氏名山縣 紀子さんTIEトマトマの会の代表

Q1

どんな子どもたちがきていますか?

A1

中国から来日した子どもたちを中心に、他にも韓国、タイ、フィリピン、ペルー等の子も来ています。
年齢は中学生・高校生が主ですが、小学生や留学生も少しいます。特に夏以降は受験に向けて中学3年生の子がたくさん来ます。

Q2

中国語等が話せないとボランティアができない?

A2

分かりやすい日本語で教えているので、外国語が話せ なくても大丈夫。生徒に合わせて教えてください。

Q3

何の教科を教えるのでしょうか?

A3

教科としては国語、数学、英語等です。

Q5

中学や高校の勉強なんて忘れてしまった・・・!教えるのは難しい・・・?教師等の経験が必要?

A5

教師の経験がなくても、勉強を忘れてしまっていても大丈夫です。勉強の内容というよりもまずテスト等に出てくる"日本語の意味"が分からないという子が多いので、そこを教えて欲しいと思います。日常会話の日本語は少し出来ても、勉強の中で出てくる言葉はまた違います。どこでつまずいているのかは一人ひとり異なります。それを一緒にじっくり考えていくことが大事だと思います。

Q4

一人で何人ぐらいの子どもを教えるのですか?

A4

来ている子どもは全部で40人くらいです。基本的にはマンツーマンで教えますが、子どもの勉強の進み具合が同じ場合はグループで教えてもらう場合もあります。
何の教科が教えられるかといったボランティアさんの得意・不得意や希望を聞いて、どの子どもと合うかマッチングをしています。

Q6

この活動に必要なものは?

A6

「勉強を教えること」だけではなく、子どもたちに寄り添って関わることがこの活動には必要だと思います。トマトマの会に来ている子どもの背景は様々です。家族関係や友人関係等、生活に課題がある子も多く、うち解けてくると、いろいろな相談を受けることがあります。子どもの話に耳を傾け、相談に乗ってください。
また実際のところ、会に来ている子ども全員が勉強にやる気のある子ばかりではありません。ドタキャンをする場合も、時にはあります。優しく、時に厳しく、また辛抱強く関わって欲しいと思います。
勉強中の様子。子どもたちの交流の場にもなっています。
山縣さんコメント 「困っている子どもを教えよう」ではなく、「面白いな」って思ってくれたら嬉しいです。そしてだんだん子どもたちと友達になってください。子どもたちからもいろいろと学べますよ。 トマトマの会に参加しているボランティアさん 高校生、大学生、会社員、定年退職した方、教員、トマトマの会に来ていたOB・OG・・・様々な人が関わっています!どなたでもどうぞ!
トマトマの会でボランティアしたい方は横浜市ボランティアセンターへボランティア登録にお越しください。

ページの先頭へ

ここからフッターメニュー