HOME > セイフティーネットプロジェクト横浜 > 防災・災害時の支援対策/出前講座プログラム

【セイフティーネットプロジェクト横浜】
−広がる− 出前講座

セイフティネットプロジェクト横浜のTOPへ

 広がる 出前講座

障害のある人や家族、支援者が、地域の方たちと顔見知りになるために、地域の会合に出向いて、自分たちのことを伝えていく活動が各地で広がっています。

「セイフティーネットプロジェクト横浜」では…

災害はいつ起こるかわかりません。みなさんもさまざまな備えをしていると思いますが、避難場所等で安心して過ごすためには、地域の方たちと普段から顔見知りになり、障害への理解を深めておくことがとても大切です。

そこで、障害のある人や家族、支援者が、以下のような講座開催を通じて、地域の方たちと災害時の備えを一緒に取り組めるような関係づくりをする活動を提案しています。

横浜市内で、このような講座をやってみたい方・興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

出前講座の概要

テーマ
自閉症や知的障害のある方への支援 −避難場所編−
対象
地域住民団体等
話し手
地域の障害のある人や家族、支援者のグループ
内容
災害時に避難場所等で、知的障害や自閉症のある人へ支援いただきたいポイントやコミュニケーションボードの使い方の説明
使用するもの
@ 講座シナリオ
ダウンロード(PDFファル)
  A パワーポイントまたは紙芝居
ダウンロード(PDFファイル)
ダウンロード(Microsoft Power Pointファイル)
   

>>パワーポイントファイルのダウンロードの仕方

  B 疑似体験用音声データ
ダウンロード(Windows Mediaオーディオファイル)
   

>>音声データのダウンロードの仕方

  ※参加者に、知的障害の人の「言葉によるコミュニケーションの難しさ」を体験していただくために使用します。詳しくは@のシナリオの3ページをご覧ください。
配布資料
@ 災害用コミュニケーションボードおよび啓発パンフレット
ダウンロード(PDFファイル)
  A 「障害のある人に配慮いただきたいこと」チラシ
ダウンロード(PDFファイル)
所要時間等
約25分〜30分(ご相談に応じます)
連絡先
 
セイフティーネットプロジェクト横浜 事務局
社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会 
          障害者支援センター
TEL 045−681−1211(代表)
FAX 045−680−1550

jimukyoku@yokohamashakyo.jp

※複数の団体等と日程調整をするため、お返事には少々お時間をいただく場合があります。


 

この他にも、さまざまな内容の講座が開催されています。

  • 障害のある人の感じ方や気持ちを理解してもらう体験
  • 障害のある人や家族が日ごろの思いを発表   など
無料 アクセス解析タイ・バンコク情報

このページのトップへ戻る

社会福祉法人
横浜市社会福祉協議会障害者支援センター

〒231-8482
横浜市中区桜木町1丁目1番地 横浜市健康福祉総合センター9階

電話:045-681-1211(代表)
FAX:045-680-1550