このページの先頭です

本文へ移動します

フッターへ移動します

マスコットキャラクター:ボラちゃん 横浜市ボランティアセンター

寄付

モノを寄付したい

横浜市社会福祉協議会では、福祉の現場で利用可能な物品の寄付相談を受け付けています。
原則として、市内の福祉施設や福祉活動団体を中心に配分いたします。
なお、希望者がない場合は、物品のご寄付をお引受けできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
本会での調整が難しい場合、他機関をご紹介することもあります。
※寄付先への配送料を、原則ご負担いただきます。
※寄付先を調整するうえで、物品の写真をお願いする場合があります。

物品寄付としてお受けできないもの

  • 中古物品で安全性が保障できないもの
  • 保証書、取扱説明書等がない物(チャイルドシート、車いす、ベッド等)
  • カスタムオーダーメイドなど、特定の障害や個人に合わせた福祉用具等(車いす、補装具、介護用品等)
  • 人が直接着用するもので、使用済みの物(肌着・衣類等)
  • 衛生用品で、外装が開封後の物(生理用ナプキン、紙おむつ等)
  • アレルギー等の問題により、福祉現場での活用が困難な物(マスコット・人形類、布製品)
  • 季節の品で、使用頻度が低い物(ひな人形、五月人形、クリスマスツリー等)
  • 布マスク
    ※事前のご相談なくご郵送いただいたものに関しては廃棄させていただきますので、あらかじめご了承ください。

ヨコハマ寄付本

横浜市社会福祉協議会とブックオフコーポレーション株式会社にて、寄付の新しいかたち【ヨコハマ寄付本】(キモチと。)に取り組んでいます。本のほか、おもちゃや鞄などの取扱いをしています。詳しくはヨコハマ寄付本ホームページ、買取基準一覧をご覧ください。

ヨコハマ寄付本

食料品の寄付について(企業の皆様へ)

食料品の寄付をご希望の企業様は、下記内容をご確認いただき、横浜市ボランティアセンターまでご連絡ください。後日担当よりご連絡いたします。

確認事項

  • 寄付は主に生活困窮者等への支援に活用します。
  • ご寄付いただく時期で、賞味期限が3か月以上あること。(配分調整に時間を要するため)
  • 受け入れ先の希望がなく、調整ができない場合があります。
  • 本会での調整が難しい場合、他機関をご紹介することがあります。

ご連絡方法

食料品の寄付内容をメールでお送りください。